ご縁応援貢献をテーマに1人1人の夢を応援して、日本が更に発展していくためのお手伝いをさせていただいています

老後に備える

老後破産
「ツイテル、ツイテル」と唱えたら自然とお金が貯まる・・・そんな夢物語ではなくて現実的にどうやってお金を殖やし続けることができるのか?これからそんな話をしていきます。

なので、お金を殖やすのに「興味がない」というのであればページを”ポチッ”と閉じて離れていくことをおススメします。

「老後破産」って聞いたことありますか?

私も破産と聞くと、ビクビクします。若ければ働いて、動いて、稼ごうとなりますが、年老いてしまっては、膝や腰が痛くまともにカラダを動かすのは困難な状況だと思います。

もし身体が動いたとしても、AI技術が発達し人間が必要だった職業もロボットに段々と職を奪われています。今後間違いなく普通に働いていては、ロボットや外国人労働力に居場所を取られるのは間違いないです。

これから町をさまよう浮浪者が今後増えてくるかもしれませんね。

今日はおそらくその「老後破産」の危機を味わなくても良い、投資案件の1つを紹介します。

近年、日本でも株・FX・仮想通貨など・・・投資が流行しています。私も投資は大好きなので、日本のお金=諭吉さん(一万円)に働いてもらうことが大好きです。

今から日本の一万円札を「諭吉さん」と愛称こめて表現させてもらいます。今日はいろんな投資案件の中でも「海外貯蓄」というお話をします。

私がどれぐらいお金好きかというと、アジアのシンガポールやフィリピンに、実際に現地へ留学という名の”ワーキングホリデイ”をしてもらっています。

で、以前私は息子のようなかわいい諭吉さんを夫に内緒で、強制留学させました。。

「お母さん!お母さん!」

と泣け叫ぶ諭吉さんを飛行機に強引に乗せて、海外へワーキングホリデイをさせたんです。

ワーキングホリデイというと、留学しながら働いているイメージがあるかと思いますが、じつは私の諭吉さんに関しては、

「海外のアジアで金髪スレンダーボディの美女や高級パーティー好きのセレブたちに混じって遊んでいます。シンガポールのホテルにあるプールサイドでカクテルパーティをしたり、フィリピンのセブ島でココナッツジュースを飲みながらハンモックに揺られて本を読みながら満喫している」

そんなイメージです。

毎日毎日”常夏気分”を味わっていていれば、手持ち資金が減るかと思いますが、そんなことありません。

諭吉さんが海外へ留学して自由に満喫するだけで、私の銀行口座には”札束がバサッ”と入金され、通帳をATMに通せば数字が一行ずつ“ジージー”という機械の音と共に書き込まれていきます。

日本の銀行に監禁されていた時と違って、南国パラダイスです。

では、なんでそんなことが可能かと言いますと・・・大きな声で言えませんが・・・じつは海外貯蓄の「金利」をもらっているんですね。

『ああ~、なんだそれか……』

と思われる人もいるかもしれませんが、舐めてはいけません。もっと詳しくお話していきます。

簡単に言えば日本から諭吉さんを留学させて、「諭吉さんを評価してくれる国に身を預ける」ただそれだけで金利を発生させる仕組みが利用できるんです。

以前私の諭吉さんは日本の銀行にいた時はタダ働き同然で監禁されているだけでした。

なぜなら2019年の10月現在、日本の銀行に預けていても金利が約0.01%くらいだからです。ところが諭吉さんに留学してもらっているフィリピンに関しては約〇〇%です(ご確認ください)。一方で日本国内に預けているだけで毎年のインフレ率や増税や社会保障費を考えると諭吉さんの価値は年々低下していきます。

インフレ率まで考えると複雑すぎてわからなくなりますが、賃金が上がりにくい日本国内において、モノの物価の上昇率はあなたを貧乏にさせてしまいます。

例えばスーパーへ買い物に行くと、これまで1本30円のキュウリが1本50円になっていた場合、まとめ買いすると150円で5本あったキュウリが150円で3本です。同じ金額で5本→3本に減っています。そんな現象がインフレの状態なんです。あなたの身近なところで貧困がジワジワと発生していますよ。

『えっ?なんで日本の金利は低くて、海外の金利は高いのですか?』

日本の金利が低い原因は「日銀がマイナス金利を導入」海外でも特に発展途上国の金利が高い理由は国に余裕のあるお金はなく特にインフラ設備などで「外貨を獲得して国内のインフラを整備したい」およそ大枠の理由はここから来ていると考えています。

で、一つずつ説明していく前に、どうやってその情報に辿りついたのか?なんで私がそこに魅力を感じたのか?
そこから話を進めていきますね。

私はある方のご縁で素敵な先生をご紹介いただきました。

そしてその先生は「海外投資」の専門家でした。

その先生は恵比須顔で、セミナーの最中ずっとずっとずっとずっと笑顔でニコニコお話しされていました。セミナーの内容は海外に貯蓄することの意義を説明してくださっていました。

海外に貯蓄!??

聞いたことがない文言に??????がいっぱいでした。

でもワクワクが止まりません。

お金を海外に預けるメリットとデメリットをしっかりと聞いてきました。

今の日本は空前絶後の低金利時代。お金を日本の銀行に預けていても全く増えないどころかマイナス金利政策のあおりを受けてほぼゼロ金利です。そして日本円がもしかしたらもしかしたらもしかしてだけど破綻する可能性が濃厚になってきている。それは高齢化社会と借金生活が嵩みすぎて政治の先行きが不安すぎて日本経済は困窮の極みであると。

かつて昭和の時代、郵貯に預けて置いたら10年で倍になったという話を親から聞いたことがあったのでお年玉をせっせと一生懸命郵便局へ預けに行っていましたよね?でも今銀行に預けても増えるどころか減る一方だからタンス預金するための金庫が売れに売れているとか。とても悲しい日本経済状況になっている…それを打破するのが海外貯蓄なんだと。

で、今注目されているのが、フィリピンだったのです。最近もフィリピンへ行って視察をしてきました。

人口動態と経済成長には深い関係があって、注目するポイントはフィリピンの「人口ボーナス期」です。

人口ボーナス期にあるその国は、条件が整えれば経済成長をしていきます。要するに、フィリピンは「働き世代の若い人口が多い時期」の人口ボーナス期は2040年まで続くと言われています。

日本の人口ボーナス期は1992年で終了したと言われていてバブル崩壊もその時期になります。

さらに2016年の統計ではフィリピンの総人口は約1億400万人、世界ランキングで12位の人口の多さです。(日本は10位)だから内需において経済発展の可能性が非常に高い国として注目されています。現に首都のマニラの中心部「マカティ」のすぐ隣にある、「グローバルシティ」というエリアは近年開発が進み、街並みは日本の都市部とほとんど変わりません。

要するに、フィリピンは2017年の時点でもまだまだ若者が多く、人口ボーナス期も2040年まで続くと言われているので、今後経済発展が見込まれる注目の国なんです。
しかし良いところばかりではなく課題もあります。それはフィリピンの「治安情勢」「インフラ未整備」「政権」の問題です。紛争があったり、治安の悪い国、そしてインフラが整っていない国は経済発展が遅いと言われています。・・・ですが。昨年5月にドゥテルテ大統領が誕生以来、違法薬物・犯罪・汚職対策を重要課題に掲げていて、撲滅の努力を実施中です。それに伴って電車などの交通整備も着々と計画されていて、政権も少しづつ安定傾向にあります。

直接現地に住んでいる人に聞いても「かなり治安は改善されてきている」とお話されていました。

他には、フィリピンペソは世界の三大通貨(米ドル、ユーロ、円)に比べ見ても、世界の中での流通量は弱小です。つまり、世界の中で競争していく上でも、外貨獲得が重要で日本の円を保有している私たちがフィリピンに投資をすることで、その対価として高い金利を払う。当然といえば当然なんです。

・・・そんな経済の話をいっぱいその先生は教えてくださいました。

正直言ってチンプンカンプンでしたが心に残った言葉が「海外貯蓄は増える」

でした。

そしてその案件をワクワクしながら帰宅して主人に伝えたら「そんな詐欺話に引っかかるアホじゃない!」と一蹴されまして・・・。

でも私の中のワクワクは消えないんです。

どうしても「海外貯蓄は増える」本当なのかどうかをいろいろと私なりに調べ始めたら確かに詐欺のような案件がたくさん報告されていました。

でもどうしてもその先生が詐欺の片棒を担いでいる先生とは思えなかったんです。

あのにこにこした笑顔の先生が詐欺をしているとはどうしても思えなかったんです。

あの先生に主人が会ってくれたら詐欺だとか言わなくなるんじゃないかと。

確かに世の中には詐欺案件が横行していて騙されている人もたくさんいます。

でもその中でも本物はあるんじゃないかと。

あの先生は本物の情報を持っている先生なんじゃないかという私の直感を信じたかったんです。

で、私だけでは不安だったので「税理士の先生」や「お財布の先生」や他にも何人か信用できそうなお友達にも聞いていただき誰もが納得しました。

唯一納得しないのが主人・・・。

頑固者で俺は分からないそんなうまい話が世の中にあるはずがない。

新聞やテレビでは言っていないじゃないか!

そんなうまい話があったら誰もがそっちに行くけど行かないのはなんでだ!

おかしいじゃないか!!

あり得ない!

お前はおかしい!

俺は詐欺の片棒を担ぐなんてまっぴらだ!

と大喧嘩に・・・。

そうはいっても何か絶対に落とし穴があるに違いないと疑いの目は続くのです・・・。

頑固者はこうだから困ります。もしなんかあったらどうするんだ??と。

だからこっそり面倒だから自分だけで出来る範囲で自分のお小遣いをコツコツと・・・。

そして半年後にそれを見せました。

その時の驚いた旦那の顔が忘れられません(笑

内心ガッツポーズの私(笑

お前!!俺に内緒でそんなことをしていたのか!

という怒りの顔と同時に凄いなあ~~お前は半年前からやっていたって度胸あるなああ~~という半々な顔(笑

でも男って数字で説得力あるんですね。

こんな数字になるからくりが分からない。

お前がいくら言っても信用ならんでもそんなに凄いのなら本場の香港で勉強してくると言って3回も香港へ行ったんですよお。

そこで旦那さんに変化が!

日本って本当の情報が隠されているんだなあ。

大切なことって新聞やテレビには掲載されないんだなあ・・。

本当にやっている人の話を聞いて現地に行かないと分からないことってあるんだなあ。

こんな金融鎖国をしているっていうことは知らせていきたいことだなあ。

サラリーマンを30年近くやっていたガチガチの頑固頭の旦那さんがねええ・・・。

変わりまして・・・。

詐欺案件は世の中にたくさんあるけれどこれはどうも違うようだししかもこれはむしろお伝えしたほうが喜んでくださる案件だなああと。

ここまで言うのに1年半かかったうちの旦那さん。

はあああああ・・・・・。大変でした・・・・。面倒くさい・・・。

男って疑い深い…さっさと信用しろボケ!と言ったとか言わなかったとか(笑

であっさりと会社辞めました。

これを生業にしてたくさんの方々にこの案件を広めていきたいと。

この案件が広まっていった先には全員の笑顔が見えると。

おいおい今まで疑いまくっていたのはどこのどなたですか??

おいおい!!!

疑いまくっていた旦那さんですが好きなものは英語と経済。

英語はいつもラジオ講座を聞いていまして。

うるさい・・・。

テレビは英語で聞いていまして・・。

面倒くさい…ここは日本です・・。

私は英語は苦手です・・・。

でも、今海外の貯蓄専門のFPとして貯蓄アドバイザーとして活躍し始めています。

サラリーマンで定年になってしまったらどうなるんだろうこの人…という一抹の不安をずっと持っていた嫁としては定年のない仕事につけて良かったね。

しっかり仕事せえよ!!!!!

と言いたくなります(笑

日本人の多くは「お金の教育」を一切受けていません。

香港へ私も勉強に行きましたが小さいころからお金の勉強が当たり前で授業でも家庭でもお金の話が当たり前にされているらしいです。

日本では子どもにはお金の話は聞かせないし、しない・・・ということになっていますが。

そしてそのまま大人になっていくのでお金の話はタブーになっていますが。

そういうことだから借金が膨れ上がっていたとしても何とかなるだろうという風潮になってしまって借金で自殺しなくちゃいけない人や殺人があったりとお金の負の部分がクローズアップされてしまうんじゃないかしら?

お金は人である。

一人の人格というか金格を持った人であるということを心に刻んで話しかけるようにしていたらもしかしたら防げたこともいっぱいあったんじゃないかと深く深く深く感じるわけですよ。

お金に喜んでもらえるような自分を作っていくというスタンスで物事を考えていくとしたら物事がシンプルにうまくいくような気がしますがどうですか?

諭吉さんの留学で私が気に入っているのは単に自分の諭吉さんたちが増えるだけじゃないんです。利子ってあるでしょ??

日本でも少しだけ100万円預けたら1年で100円は利子つくんですよ。

そしてたった100円の利子からですがそこから実は2割の税金が搾取されているという事実を知っていますか?

利子から2割の納税義務があり銀行が勝手に納税してくれています。

で、諭吉さんの留学でも利子が付きます。

その額は日本で預けていたとはけた違いの額の利子が付きます。

そうした場合・・・。

利子の2割はやはり納税義務があるんですがその納税額がはるかに違ってきます。

ということはですよ。

税金を納める額が増えるというわけなんですよ。

借金大国日本に対して自分のお金を海外に留学させるという選択肢をした場合納税額が増えるということ。自分だけでなく世間良しの方向性三方良しである考え方がとても好きです。自分のお金をどこに置いておくかを検討するだけで日本に税金まで増やせて貢献出来ちゃってしかも利子ももちろん増えている。

三方良しの案件諭吉さんの留学をいろいろな方々にお話をさせていただく機会をたくさんいただきましていろいろな反応をいただくわけですよ。

お金の教育がまったくなされていないからうちの主人と同じような反応の人、待っていましたそんな話を聞きたかったんです!という人やっぱり海外って不安ですっていう人もちろんさまざまです。

でもねえええ・・・。

私は胸を張って言えますが諭吉さんを留学させて良かった。

その理由は直接私に聞いてください~

興味ある人にだけお伝えしたい大切な情報です。

本当の本物情報だからひとりひとりを大切にしたくてきちんと会って目で見て空気感を大事にしたくて。

そんなコンサルのお仕事もさせていただいています。

時々私の諭吉さんから「お母さん元気だよ~~」と言ってシンガポールとフィリピンから成長記録が手元に届きます。

それを見ながらうちの諭吉が頑張っているのねと言って目頭が熱くなります(笑